「イーハトーヴ」は宮澤賢治がわたしたちの故郷につけた名前です。どこに暮らしていようと、自分がイーハトーヴで生まれ育った事実は変えようがありません。故郷で過ごした日々があったからこそできたことがあります。それは、自分の存在のとても根っこにある部分です。
   
        ■見立競五枚兜 岩手を舞台にした江戸期小説の紹介
        ■ものがたり 思い出
        ■風景 散歩中の写真
        ■音楽 聞こえてきたもの
        ■ホームページ