2015年6月 June 2015


Tuesday 30 June

 月一でしか日記を書かない状態になっている。日記でなく月記だ。先月は運動会があり、終わってほっとしたのも束の間、また次のイベントに向けて準備しなければならなかった。いつものことだが、頭を使うことが多かった。問題は、本分とは違うところで神経を使うことだ。いつの間にか、こんなふうになってしまった。尊敬できる先輩など、どこにも、誰一人としていなくなった。かといって自分がそのような立場に立てているかというと、それは大いに疑問である。学ぼうという姿勢がすべての出発点ではなかったかと思う。個人としても、周囲とつくる人間関係にしても。旅が新鮮なのは、新しいことが学べるからであって、自分の価値観からすると、買い物が楽しいとかどれが美味しいとか、消費するために旅をするということではけしてない。これも、人それぞれの考え方だから互いに否定は出来ないのだけれども。